陸上

安部孝駿の父と弟もイケメンで画像はある?ハーフ説と出身を調査!

スポンサーリンク

ハーフのようなホリの深い顔立ちをした

アスリート、

安部孝駿さんが話題になっています!

 

出身校や気になるハーフ説

国籍が明らかに・・・

スポンサーリンク

安部孝駿のプロフィール

安部孝駿(あべたかとし)

生年月日 1991年11月12日(26歳)

出身地 岡山県

身長 192cm

体重 86kg

 

中学は岡山市立妹尾中学校出身。

中学生の頃に、短距離や長距離、

ハードルで才能を磨きました!

 

その後、

岡山県立玉野光南高等学校に進学。

この学校の偏差値は44から53。

公立で共学です♪

 

公立なのに珍しいことに、

体育科があり、毎日体育の授業があったそうです!

さすが(*^^*)

 

卒業後は、

中京大学の体育学部に進学。

実はお父さまの母校でもあります(*^^*)

 

大学卒業後、

現在まで

デサントというスポーツウェアの会社に所属しています。

ハードル走を主に得意とする選手として、

現在も活躍されています(*^^*)

安部孝駿のハーフ説!父弟は?

一目でびびっときますね、容姿+(人*´∀`)

あれ?普通にハーフだよねwな顔立ち。

 

お父さまやお母さまはどんな人!?

国籍はー!

知りたい^^

 

安部さんのお父様は、

円盤投で有名な元岡山県記録保持者

 

ええっ!

お父さんもスポーツマンで、

写真を必死に探しましたが、

残念ながら、見つかりませんでした^^;

 

とはいえ、

「元岡山県記録保持者」ですから、

年齢を考えても、

おそらく日本人でしょう。

 

そして肝心のお母さまも、

記事がなく、ご両親の国籍は不明ですが、

安部孝駿さんのwikiには、

国籍は「日本」とありました!

 

髪の毛が天パなのは、

おばあさま譲りなんですよ♪

 

顔立ちが濃く、

クッキリ二重に筋の通った魅力的な鼻筋はハーフのようにも見えますが、

ご両親もずっと日本に住んでいますし、

留学の経験などもなく、

純日本人です。

 

そして、

お父様だけではなく、

弟の安部宏駿さんも同じく円盤投の記録保持者です(*・∀-)b

ううん、弟さんもハーフっぽい^^;

スポーツマン一家なんですね(*^^*)

 

安倍孝駿さんと、

弟さんの兄弟記録もすごく有名で、

弟の安部宏駿さんは

男子円盤投げに47メートル90で優勝しています!

 

さらに!

弟・安倍さんも400メートル障害が専門で、

2年前の全国高校総体で優勝し、

今月27日開幕の世界陸上代表としても選ばれるなど、

兄弟そろっての快挙です♪v(‘∇’*)

 

ちなみに弟さんも、

日大出身です!

スポンサーリンク

安部孝駿の大会成績

これまでの安倍選手の大会成績を振り返ってみましょう♪

世界選手権
400mH : 準決勝2組5着 (2017年)

地域大会決勝
アジア選手権
400mH : 優勝 (2011年)

国内大会決勝
日本選手権
400mH : 優勝 (2017年)

100m
10秒90 (2008年)

110mハードル
14秒18 (2008年)

400mハードル
48秒68 (2018年)

獲得メダルも金メダルを1つ、

銀メダルを2つ獲得されています。

 

身長192cmを活かして、

自信でもたくさん努力し、取り組んできた結果でもありますよね。

 

メダルを獲得することは

並大抵の努力では勝ち取ることは出来ないものだと思います。

そんなメダルを3つも勝ち取っているのは、

もはや才能と努力のたまものだと言ってもいいですよね(*^^*)

 

小学校6年の頃から大好きでずっと続けている陸上で、

ここまでも成績を収めることが出来て、

凄いと思いますが、

彼自身はまだまだずっと先を見ているのではないかと思います。

よく読まれています!

[kanren postid=”4623″]

[kanren postid=”4616″]

まとめ

安部孝駿選手の出身校は、

 

岡山市立妹尾中学校

岡山県立玉野光南高等学校

中京大学

現在の所属は、

デサント

 

お父さまも陸上競技選手で、

円盤投で有名な元岡山県記録保持者

 

弟さんは、

日大所属の安部宏駿さん

同じく円盤投の記録保持者

(円盤投50m50)

スポンサーリンク