赤ちゃんの食塩の致死量は何グラム?盛岡の食塩中毒事件から考察

こんにちは、バナやんです。

悲しいニュースです。おととしの2015年8月、

盛岡市の認可外保育施設スマイルキッズで乳児に食塩を混ぜた液体を飲ませ食塩中毒死させたとして、

2017/7/11、保育施設を経営していた吉田直子容疑者(33)を傷害致死の疑いで逮捕しました。

出典:http://www.asahi.com/articles/ASK7C4SQ6K7CUJUB012.html

 

我が家にも乳児がいるので、

このニュースを聞いて本当に悲しいですし、この保育施設に対して憤りを感じでいます。

そしてまだ母として未熟な私ですが、

子供達を食塩中毒から守るには?



スポンサードリンク



食塩中毒って何?子供にどのくらい塩分を取らせるのが適切なのか。

色々調べてみました。

食塩中毒(塩化ナトリウム中毒)とは?

 

食塩を一度に過剰摂取し、摂取した食塩に見合う水分を摂取できなかった時に起こる中毒。

調べてみると、食塩中毒とはほとんどが赤ちゃんが中毒になる場合が多く、

赤ちゃんのうちは、体内に入った過剰な物質を排出する腎臓の機能が未熟であるので起こりやすい。

 

また赤ちゃんは喉が渇いても、自力で水を飲めなく、体内のナトリウム濃度を下げる事ができません。

それにより、高ナトリウム血症になり、場合によっては命に関わる重大な中毒といえます。

 

塩の過剰摂取で中毒になるとは、とても怖いですね。

普段何気に塩を掛けてサラダを食べている私としてはびっくりです。

赤ちゃんの食塩中毒の致死量は何グラム?

塩の主成分である、塩化ナトリウム(塩分)の致死量は

体重1キログラムあたり食塩は0.5g~5gが致死量です。



スポンサードリンク


●一歳児の平均体重

約10キロ

●一歳児の塩分の致死量は、

体重1キロあたり 塩分0.5-5g

体重10キロの一歳児の場合、

 

5~50グラムが致死量になります。

 

医師によると、1度に摂取する量として「体重1キログラムあたり食塩は0.5グラムから5グラムが致死量」

食塩中毒になった時の症状

発熱、嘔吐、下痢、意識障害、心機能障害、過呼吸や、呼吸停止、興奮、めまい、昏睡、腎障害・・・

 

今回の彩心ちゃんの場合、迎えに来た父親に引き取られた後、

嘔吐などの症状が出て、病院に運ばれたが、施設を出てからおよそ4時間半後に食塩中毒で亡くなりました。

 

 

彩心ちゃんはどのくらい塩分を摂取したのか?

今回の事件で、彩心ちゃんは一体何グラムの塩を飲まされたのか気になりました。

乳幼児の食塩致死量は体重10キロの子で5~50グラムなので、

少なくとも5グラム以上だと思います。

ニュースを探しても、まだどのくらいかは報道されていませんでした。

塩って一舐めでもしょっぱいですから、

いくら子供といえど、

5グラム以上の大量の塩を自ら口にすることは考えにくいですよね!

恐らく無理やり食塩を混ぜたとされる液体を飲まされたのでしょう。

 

さらに食塩をそのまま摂取するよりも、

液体で摂取する方が小腸において水分吸収がより行われます。

 

乳児・幼児が1日に摂取して良い塩分量は?

一歳児が摂取してもよい塩分量は、

 

1食0.45g、1日約1.5g

 

塩小さじ1=約5g なので、

乳幼児には小さじ1/4までということですね。

ベビーフード・市販品に含まれる食塩量は大丈夫?

よくレトルトのベビーフードは味が濃いと言われますが、一体BFにはどのくらい塩分がふくまれているのでしょう。

 

ベビーフードでのナトリウム含有量は100gあたり200mg(食塩換算で0.5g)を超えてはならないと規定があります。

◆12ヵ月までの商品:200mg/100g以下(塩分約0.5%以下)
◆12ヵ月以降の商品:300mg/100g以下(塩分約0.7%以下)

出典:日本ベビーフード協会

http://www.baby-food.jp/standard/standard.html

 

ベビー用経口補水液、スポーツドリンクの塩分について

気になったので、もう一つ。

風邪を引いた時や、汗をすごくかいた時に、うちでは和光堂のアクアライトを与えています。

こういう赤ちゃん用のスポーツドリンク(イオン飲料)はどのくらい塩分が入っているのかきになったので、調べました。

 

和光堂 アクアライト オーアールエス 125ml×3本【楽天24】[和光堂 アクアライト 経口補水液 熱中症対策]

例えば、和光堂 アクアライト オーアールエス だと、

 

●栄養成分表示/100ml当たり:エネルギー 16kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 4.0g、ナトリウム 80mg、カリウム 79mg

 

塩分=ナトリウム

で、

塩分とナトリウムは表記が違く、換算が必要なので、

ナトリウム○mg × 2.54 ÷ 1000 =

 

この計算式に当てはめると

アクアライト100mlあたり、

0.2gの塩分ということになります。

 

塩は人間が生きていくのに必要な栄養素です。

取りすぎも、不足もよくなく、摂取量を守れば高血圧、熱中症から身を守る大切な栄養素ですね。

 

最後に

毎日暑いので、汗をかくと体内の塩分も流れ出すので、ほどよい塩分を摂取しましょう。とよく聞きますよね!

実際汗かいた後の梅干しは塩辛くなく、体に入ってくる感じ。

真夏のゴルフしてる最中なんかすごく思いました。

 

それに赤ちゃんは大人の2,3倍汗をかきます。わが子にもお茶だけでなく、ベビー用のスポーツドリンクや赤ちゃん用の経口補水液を与える事があります。

暑い中での盛岡市の認可外保育施設での食塩中毒の死亡事故ニュースが胸に突き刺さりました。

亡くなった彩心ちゃんのことは本当に残念です。

どうか同じことが繰り返されませんように。

彩心ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です