亜麻仁油の危険な食べ方とオススメ摂取量は?便秘と認知症に効果あり?

スポンサードリンク


油ってたくさん種類がありますが、

種類によって、認知症予防を期待できる油や、

美容、便秘解消に働く油があったりと様々です!

 

今日は亜麻仁油(アマニ油)の正しい食べ方や、

摂取量、危険な保存方法と、

アマニ油の含有成分や健康作用についてまとめました(*^^*)

 

「林修の今でしょ」にも紹介されていましたね♪

おすすめのアマニ油の通販もご紹介しています!



スポンサードリンク



亜麻仁油の含有成分について

アマニ油に含まれている成分は3つ!

  • αリノレン酸
  • リグナン(アマニリグナン):
  • 食物繊維

 

αリノレン酸(アルファリノレンサン)は体内に入ると、

脳や目に良いとされるDHAやEPAに変えられます。

 

リグナン(アマニリグナン)は、

抗酸化作用や女性ホルモンに近い働きをします。

 

食物繊維は、

一般的に知られている通り、便秘や有害物質の排出に効果が認められています。

 

アマニ油といえば、

『亜麻色の髪の乙女』という曲の亜麻仁のことなんですよ♪

島谷ひとみさんの歌声を思い出します^^

 

 

亜麻仁油の正しい摂取量

アマニ油の正しい摂取量は、

林修の今でしょ講座でもやっていましたが、

詳しく見てみましょう!

 

日本アマニ協会というところのHPによると、

α-リノレン酸の1日あたり推奨摂取量 2.0g、アマニ油中にα-リノレン酸 60%含有とすれば、

アマニ油は1日5g(小さじ1杯強)摂取することが好ましいことになります。

引用:日本アマニ協会

 

妊娠中の女性は摂取してもよいのか、

気になるご意見もあったので、

調べてみたら、

えごま油とアマニ油ならは、

1日の摂取量は3.6gが目安量です。

※授乳中の女性も同じだそう。

 

また、赤ちゃんから70歳以上まで男女別に、

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」

「n-3系脂肪酸(オメガ3)の食事摂取基準」を参考にしてみましょう!

アマニ油は50%以上が不飽和脂肪酸のオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)なので、

100g中50g(50%)の割合で考えると、

 

乳幼児は2g程度

子供は3~4g程度

大人は5g程度

の摂取量が適正と言われています(*^^*)



スポンサードリンク


期待できる効果効能

アマニ油の原料は、成熟したアマの種子から抽出されたもので、

えごま油と同様、

オメガ3系脂肪酸である「アルファリノレン酸」が多量に含まれます(*^^*)

 

体内に取り入れられると

認知症予防に効果的といわれるEPA(エイコサペンタエン酸)、

DHA(ドコサヘキサエン酸)に変わります。

 

また食物繊維も豊富なことから、

ダイエット、美容にも効果が期待され、

アトピー性皮膚炎、花粉症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、女性ホルモンを整える作用もあります^^

 

では、「アマニ油 危険」と検索されるのは、

なぜでしょう?

「危険」ってちょっとコワイですね^^;

何が危険?正しい保管方法と注意点

アマニ油は酸化して硬化する性質があるので、

ペンキ油や床磨き用ワックス、油絵具等に使用されてきました。

 

ただ最近n-3系脂肪酸の多彩な生理機能が解明され、

健康油として亜麻仁油が再評価されてきています!

食用向けのアマニ品種が開発され、

私達が今手に入れられるアマニ油は安全ですが、

この性質の為、

非常に酸化しやすいのです!

 

賞味期限は開封してから、

1ヶ月〜1.5ヶ月と短いです。

 

また未開封新品で購入した時でも、

賞味期限は製造から1年ほど。

長期保存には不向きな油ですね^^;

 

酸化した油は、摂取するのをおすすめしません。

 

また他に、アマニ油は下剤としても使用される事があります。

体質に合わなかったり、お腹が緩くなるなどする人もいるので、

これが「危険」と言われる所以かもしれないですね!

効果的な摂取方法は?

熱と酸化に弱いアマニ油は、

オリーブオイルのように、

ドレッシングとしてサラダに直接かけて食べるのがおすすめ!

 

納豆に混ぜたり、スムージーや野菜ジュースに混ぜるのも

テレビで紹介されていました!

おすすめのアマニ油通販

アマニ油の粗悪品や最近のブームでの高値掴みにはご注意を。

おすすめのアマニ油は、

有機JAS認証を受けた完全オーガニックのアマニ油!

楽天で一番売れています!

 

よく読まれています!

内村周子の体操教室や年齢と身長を調査!息子溺愛や病気ADHD説とは?

2018.05.28

赤ちゃんの食塩の致死量は何グラム?盛岡の食塩中毒事件から考察

2017.07.13

まとめ

n-3系脂肪酸(オメガ3)が豊富に含まれている、

アマニ油は便秘、認知症予防、美容、アトピー性皮膚炎、花粉症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、女性ホルモンを整える作用があり、

林修の今でしょ講座にも登場する程、

注目を浴びている油です!

 

 

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です