大後栄治監督の経歴プロフ!名言コメントや結婚した嫁や子供は?

スポンサードリンク


こんにちは、ばなやんです♪

大学三大駅伝の一つ、

全日本大学駅伝(2017/11/5、熱田神宮~伊勢神宮=8区間)で

20年ぶりに神奈川大学が優勝しました!

 

今日は長年神奈川大で指導している

大後栄治監督についてまとめました。

大変謙虚の方で、

感動のゴール後、

アンカーの主将の鈴木君が3度胴上げされましたが、

大後監督は胴上げの申し出を断ったんです。

その理由が、「(近くに)東海大さんもいたので、スポーツマンシップに反すると思って」とのこと。

ニュースには、「胴上げ拒否」とありましが、

「遠慮」と私感じました。

周りへの配慮、選手への気配りがピカイチだな~って(´;ω;`)ブワッ

 

青学の原監督などはよくテレビに出たり、

目立つ存在ですけど、

大後監督とはどんな人なんでしょう。

選手としての活躍や指導実績、

奥様やお子さんは?

 

監督の名言もあるので、

チェックしてみてください♪



スポンサードリンク



大後栄治監督のプロフィール

出典:http://ekiden.kanagawa-u.ac.jp/member/message.html

名前:大後栄治(だいご えいじ)

生年月日:1964年11月21日

高校:日体荏原高等学校

大学:日本体育大学大学院

職業:日本の陸上競技指導者、神奈川大学人間科学部教授 陸上競技部監督

 

日体大時代は、箱根駅伝を夢見る選手でした。

今では驚きなのですが、

当時の日体大は監督やコーチがおらず、

マネージャーが監督代わりだったんです^^;

30年以上前のことですよ。

 

そんな中2年の時、上級生の助言で、

マネージャーに転向

この頃から、全体を見て、

選手に気配りをする力を養ってきたのでしょうか。

 

実は大後監督、

高校でも指導者不足という経験を味わってきたので、

臆することもなく、

マネージャーとしてチームを引っ張っていきます。

がしかし、

在学時は箱根駅伝優勝は叶いませんでした。

 

そして、1989年25歳の若さで、

神奈川大学陸上競技部のコーチに就任し、

97年に神奈川大学を箱根大学駅伝初優勝に導きました!

嬉しかったでしょうねっ(´;ω;`)ブワッ

さらにすごいのが、

続く98年は監督として率い、

箱根駅伝2連覇を飾ったんですよ!

 

1998年って神奈川県にとってすごい年で、

神奈川大学・箱根駅伝優勝

横浜ベイスターズ(現DeNA)38年ぶりのセ・リーグ優勝

横浜高校・神宮大会優勝、春センバツ優勝、夏全国優勝、国体優勝の四冠達成(松坂大輔投手の年)

 

めっちゃついてますね(≧∇≦)

長南有航(横浜高校)の彼女や家族をチェック!2018年ドラフト候補の可能性は?

もしかして、この時代がまた繰り返されるじゃないかって、

すごいわくわくなんです!!

それも、

神奈川大学筆頭に始まったので♪

今回の監督のご挨拶

今回15年ぶりに優勝へ導いた、大後監督。

 

20年はほとんど脚光を浴びてこなかったわけですが、

長い間、親身に選手に寄り添い、

ご自身のことを顧みずにご指導されてきたんです。

例えばこんなエピソードが・・・

 

当時神奈川大学の陸上部には、

15年も出場校から遠ざかっていたので、

本気で箱根駅伝を目指している雰囲気がなかったんです。

 

大後監督はじっくりと改革に乗り出した。

 

練習環境を整える為に、

・アパート1棟を買い取り、部員寮にした

・大学とグランドが離れているので、

大型自動車免許を取得し大型バスを購入した

 

本当に駅伝、長距離が好きな監督なんだと

しんみり。

 

大後監督がいなかったら、

神奈川大学の長距離はあり得なかったですよね。

 

それにしても

ここまでできる原動力ってなんでしょうっ・・・

監督の考え方や性格を探ってみましょう。

監督の性格・優しさ・コメント

今回の優勝でのインタビューの言葉から

どんな性格なのか、読み取れます。

「20年かかりました。20年ぶりの優勝まで長い道のりでした。今回、腹の中では優勝したいという欲があったが、それは間違いの元になる。選手に伝わらないようにした。アンカーの鈴木健吾(4年)に首位の東海大と17秒差でタスキが渡った時、東海大の川端(千都、4年)には本当に申し訳ないが、勝った、と思った健吾はそれだけの練習をしてきました。ただ、箱根駅伝は1人のエースの力だけでは勝てない。東海大、青学大に比べると、チーム力はない。それを準備力で補って戦っていきたい」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000140-sph-spo

決しておごり高ぶらず、

欲を出してしまうと、

間違った判断をしてしまう、という意味でしょう。

ツイッターでも「謙虚」な監督と話題でした。

 

そして、選手達を絶対的に信頼していること!

 

指導者に信頼されていると、すごく嬉しいですよね!

信じてくれるから、

安心して本当の力が出せるんだと思います。

 

監督の声掛けって、素晴らしいんですよε-(´∀`*)ホッ

 

2017年の箱根駅伝では、

井手孝一選手と、成瀬隆一郎選手に

「大丈夫、お前のデビュー戦だ」

 

2区1位通過した時の声掛け

「折角だから(1位を)楽しんで来い」

 

こんな事言われたら、

めっちゃ嬉しいな^^

人って、褒めて伸びるんだなぁとしみじみ思います。

ガミガミ言われるより、気持ちにゆとりができるのかな♪



スポンサードリンク


コメント

監督のコメントをまとめました。

【第93回箱根駅伝】往路6位神奈川大学

大後栄治監督「往路は合格点。1年間取り組んできた事が出し切れたと思う。復路は…快走はいらないので一人一人が責任を果たしてくれれば、結果はついてくる。6区で上手く乗れればそのまま流れていくと思う」

出典:https://twitter.com/sports1422/status/815848948413841408

 

たかが駅伝なのですが、選手はこの4年間に命を懸けています。そのレースで人生が変わる時もある。僕は選手にとって伴走者のような存在なので、自分の一言一言が大変重みを持つと感じています

出典:https://www.hamaspo.com/news/bmid_2008122216305500013

ご自身の言葉には細心の注意を払っています。

言葉で人をダメにしたり、

生かしたり まさに言霊です。

 

特に選手にとっては、指導者からの言葉って、

すごく大きいですから・・・

ますます大後監督好きになってきました。

彼の考え方、心に響きますね・・・。

 

神奈川大の選手、幸せだな^^

 

本戦では運営管理車から選手を見守り、誰よりも最後に声を掛けてやれる。これは特権ですね。レースの前半は、選手の気持ちが乗るように声を掛ける。そして後半は心情に訴えること…彼らが4年間これだけ陸上に懸けることができたのは、何かしらの信念があるからです。自らの信念を支えてきたことは何か。その部分に訴えかければ、多少のキツイことも頑張るものです。

出典:https://www.hamaspo.com/news/bmid_2008122216305500013

一番キツイ後半に、

なぜ駅伝をやっているのか、

選手一人ひとりを見ているからこそ、

心情に訴えられる、声掛けができるんですね!

 

大変謙虚な性格の監督ですが、

熱い信念を持ってらっしゃる人間味のある人。

 

大後監督からしたらわたしは、娘世代ですけど、

きっと良いお父さんやってるんだろうなと思いました。

 

ところで、ご結婚はされてお子さんはいらっしゃるのでしょうか。

原監督の奥様

美穂さんみたい寮母されているのかな?

 

家族について

大後監督には、

奥様、息子さん、娘さんがいます。

奥様は寮母をやっているのかな~と

調べたら、

どうやらそうではないようです。

今の神大駅伝選手がいる寮には、

優しいお母さん料理長がいます。

塩沢恵子さんといい、神奈川出身でずっと神大駅伝を子供の頃から知っているそうで、

朝5時半から仕込み、

夜は21時半くらいに片づけが終わるそう。

 

優しい風貌で、まるで大後監督のお母さんのような人でした♪

他のスタッフさんが寮を仕切っているようなので、

奥さまの情報は出てきませんでした。

 

ちなみにこちらは・・・

奥様ではなく、元女子マラソン選手の増田明美さんです♪

Σ(・ω・ノ)ノ!お二人とも1964年生まれの同い年

長距離を愛するという共通点が♪

増田さんの細かすぎる解説w

めっちゃおもしろいですよね(≧∇≦)

 

そうそうそして息子さん、娘さんに関しても、

一般の方なので、わかりませんでしたが、

長年長距離の監督をやっている大後監督・お父さんのことを

誇りに思っていることだと思います!

 

こちらもよく読まれています!

マデロケンジのwikiプロフ!ハーフ説を調査!彼女や記録は?

大竹秀之の嫁は栄養士?身長は?子供は娘と息子で現在はバレーボールコーチ?

佐藤美弥(バレー)の汗がすごくて滑る!顔も私服も可愛いから彼氏もいる!?

モーリー・ロバートソンと池田有希子の関係は?カミングアウトって何?

まとめ

30年近く神奈川大学の陸上競技部でコーチをやっている

大後監督は、

日体大大学院出身で、

選手としての経歴はほとんどないが、

97,98年、神奈川大学を箱根駅伝連覇に導いた。

性格は大変謙虚な方で、冷静に判断を下す。

家族は、妻、息子、娘がいる。

選手思いの優しい人柄が感じられる名監督です!

 

2018年の箱根駅伝では、

神大はシード校!

もしやもしや、箱根青学の連覇も神大が止める!?

来年のお正月も楽しみです(≧∇≦)

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です