双羽黒事件や騒動の真相を調査!優勝回数や北尾光司の現在の画像は?

こんにちは、ばなやんです♪

第70代横綱の

日馬富士が引退しましたねΣ(・ω・ノ)ノ!

ビール瓶なのかリモコンなのか、素手なのか・・・

 

実は過去にも、

後味の悪い横綱の引退・廃業劇がありました。

第60第横綱の双羽黒。

 

優勝回数や、

女将さんを殴った!?

と報道された事件の真相を調査しました!

 

直近の画像は後半に!



スポンサードリンク



双羽黒のプロフィール

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/

四股名は双羽黒 光司(ふたはぐろ こうじ)

本名:北尾 光司

身長・体重:199cm、157kg(現役時)

生年月日:1963/8/12

出身地:三重県津市

所属部屋:立浪部屋

 

出身小学校は津市立敬和小学校で、

双羽黒氏が在学していた時に、

行程に土俵が感性したこともあって、

毎日相撲を取っていました。

徐々に相撲が好きになり、

中学では立ち合いで、

対戦相手を土俵下まで吹っ飛ばすほどの実力に!

 

同じ世代の相手では双羽黒氏にかなう人がいなく、

地元の高校に稽古しに行ったほどなんですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

しかも!

高校生相手でも負け知らずで、

物足りなかったのでしょうね!

中学卒業と同時に、

立浪部屋に入門しました(*’▽’)

 

高校行かずにいいの!?

と思ってしまうかもしれませんが、

 

お相撲さんの世界って、

中卒結構いるんですよ!

 

3割ほどが中卒で、高卒は2割なんです。

 

 

それにしても恵まれた体型ですよね!

身長はほぼ2mΣ(・ω・ノ)ノ!

 

子供の頃から身長もパワーもずば抜けていた

双羽黒氏!

中学生の頃

同年代の男の子と。双羽黒氏は右

出典:https://middle-edge.jp/articles/dPYaJ

第60代横綱

優勝回数と横綱

双羽黒氏は、

1984年秋場所に21歳で入幕し、

3場所目に三役、

9場所目の1986年初場所に大関となりました!

 

そして若くして

横綱に昇進しますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

22歳で横綱に昇進し、

それまでの本名から

「双羽黒」に改名しました。

 

22歳って私にはやっと学校出て、

社会人になる年だな~と思うのですが、

双羽黒氏や相撲界では、

中学、高校卒業後すぐに相撲部屋に入門します。

 

世間一般より早く、

社会を知ってる先輩なわけですよね!

 

それにしても

前聞いた横綱の年収ですが、

現在の金額では平均3380万円~なんですよねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

22歳で、年収3000万円ですか(≧∇≦)

 

夢のある職業ですよね^^

 

そして優勝回数ですが、

双羽黒氏の場合特殊で、

 

大関昇進後、4場所連続二桁勝利。

三場所目で準優勝し、

四場所目で優勝決定戦に進出

したので、

内規通り、

「二場所連続で優勝もしくはそれに準じる成績」

で、

優勝経験なしで、

横綱に昇進したんです!

 

つまり優勝回数は0回・・・

 

その後も休場や優勝になかなか届かずじまいで、

マスコミからの

風当たりが強くなってしまいました(´・ω・`)

 

「優勝経験のない横綱」

という批判に端を発して、

「部屋で暴君のように振舞っている」

なんて噂もされ・・・

 

これはちょっと原因があるようで、

お父さんが建設会社の社長で、

双羽黒氏は一人息子。

 

甘やかされて育てられたためか、

稽古中も、

兄弟子にもかかわらず

ズバっと物事を言ってしまう性格なんだそう(´∀`;A



スポンサードリンク


双羽黒事件とは?

横綱に昇進した次の年の1987年に、

ついに事件をおこしてしまいます!

 

それが「双羽黒事件」

双羽黒氏が、

「あんなちゃんこが食えるか」と言って、

ちゃんこの味付けに立浪親方と喧嘩し、

仲裁に入った女将さんを突き飛ばして、

部屋を出て行った事件。

 

1987年12月27日の事件でしたが、

立浪親方が協会へ双羽黒の廃業届を提出し、

12月31日に受理。

 

この日をもって、

双羽黒はお相撲さん、廃業になりました(゚ロ゚

 

ただこれには、

マスコミが

双羽黒が『(女将に)暴力を振るった』ということが一番大きく取り上げられ、

ますますヒール役みたいになってしまいました。

 

実際の真相はどうやら違うようで、

本名の北尾光司氏の著書では、

「(ちゃんこが)美味い・不味いの問題ではなく、若い衆が料理を作れないほどたるんでいることで、(立浪)親方に再三指導するよう求めてきたが全く取り合ってもらえず、逆に親方から若い衆に謝罪するよう求められた。

それが納得できず、部屋脱走を試みるも女将が止めに入ったため、それを振り切る形で部屋を後にした。

すると親方がそれを見て『(女将に)暴力を振るった』と新聞記者を煽って大騒ぎになった」と明かしている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/北尾光司

 

ちゃんこがマズい!

ケンカ!?

女将さん 殴った

 

ではなく、

 

若い衆がちゃんこが作れないほどたるんでいて、

立浪親方に指導するように求めたが、

受け入れてもらえなかった。

 

女将さんが仲裁に入ったのを、

振り切るようにして、部屋を後にした。

 

との主張。

 

双羽黒氏が、

本当に女将さんが殴ったのなら、

相当な腕力ですから、

女性だったらなおさら、大怪我です!

 

でも実際は違ったようで、

女将さんの怪我は報道されていません。

マスコミが大げさに取り上げたのが、

真相のようです(´;ω;`)ブワッ

 

結局のところ、

双羽黒氏のイメージも悪くなり、

相撲界から去ることになりました・・・

 

ちょっとしっくりきませんね・・・

 

今回の日馬富士のビール瓶?リモコン?素手?

とか色々出てきますが、

 

双羽黒氏の場合、

貴ノ岩さんみたいに、

診断書や後頭部の縫い目を公開したり、

というのがなかったわけですから、

 

双羽黒さんの言い分が

真相なのではないでしょうか!

昭和62年九州場所千秋楽

14戦全勝の千代の富士に13勝1敗の双羽黒。双羽黒はこれまで横綱として優勝経験もなく、成績もふるわず、再起をかけていどんだこの場所、ついに初優勝の期待を背負ってぶつかります。

残念ながら双羽黒は場所後騒動を起こし、力士を廃業。

奇しくもこの取組が現役最後の一番に・・・

廃業はプロレスラー・北尾光司の現在は?

相撲界引退の時、

未練は一切なかったそうです。

 

引退跡は、

二輪免許を取得し、

「スポーツ冒険家」という肩書きで

タレント活動を行っていました。

 

その後

1990年2月10日、

東京ドーム大会でプロレスデビュー

リングネームは、

北尾 光司
北尾 光覇

本当は、

サンダーストーム北尾

と名乗りたかったそうです(*’▽’)

 

やっぱり結構破天荒な人で、

試合中には、

「この八百長野郎!」

や、

観客に向かって、

「こんな八百長試合見ておもしろいのか」

と叫ぶとそのまま試合放棄なんでこともΣ(・ω・ノ)ノ!

 

さすがにこれは、

プロレス界でも禁句なんですってw

 

タブーとかどうでも良い!?

というか、

結果に素直な方なのでしょうか。

 

相手に「八百長」というのですから、

八百長が大嫌いだからだと思います。

 

試合に対して真剣なんですね。

 

とはいえ、

新日本プロレスを解雇に(公表では円満退社になっています^^;)

 

そしてなんと、

2003年には、角界に復帰されます!(ノ・ω・)ノ

あの因縁!?の

立浪部屋の第7代アドバイザーに就任。

その時のお写真

出典:http://www.shikoku-np.co.jp/sports/general/photo.aspx?id=20030906000211&no=1

当時40才です!

 

これから先の現在の情報や写真がないんです^^;

 

現在54歳ですが、

どうされているのでしょうか・・・。

 

噂にあったのですが、

マルハンの店長になった!とあったので、

調べたら、

マルハン四日市北店の店長さんが、

北尾光司さんという方でしたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

おお!と思ったら、

ブログで、

元横綱双羽黒氏と同姓同名ですよ~

と言っていたので、

私が知りたい北尾さんではありませんでした^^;

 

現在はどのような職業をされているかわかりませんが、

身長199センチですから、

どこ歩いていても目立ちますね!

 

それに、お父様が建設業だと言っていたので、

後を継いでいたりして!

 

それに勢いのある方ですから、

自分で商売を始めて、

成功をおさめているのではないでしょうか♪

 

よく読まれています!

高橋祐也(三田佳子次男)の現在の嫁は?関係したグラビアアイドル全調査!

内藤聡子が番組卒業しハワイ留学した理由は?佐藤琢磨と結婚予定?

まとめ

第60第横綱の双羽黒(ふたはぐろ)さんは、

22歳の若さで横綱に!

内規により、

優勝しなくても横綱になった力士です。

 

横綱から2年後、立浪親方と喧嘩し、

女将さんを殴ったと報道され、

事実上廃業となり引退となったが、

真相は違って、

後の著書に、

立浪親方と意見が食い違い、

部屋を出る時、女将さんを振りほどいた

とのことです。

 

その後、タレント、プロレスラーに転職し、

2003年には、

まさかの立浪部屋のアドバイザーに就任。

それから現在は不明です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です