音楽

細野晴臣と星野源の関係が深い!出会いのきっかけは天才的な名曲?

スポンサーリンク

こんにちは、ばなやんです♪

細野晴臣さんが今年、

久しぶりにアルバムを発売したので、

旦那が喜んでいます♪

 

2017/11/8リリースの「Vu Jà Dé」

4年半ぶりなので、

ファンにはたまらない(≧∇≦)

そして逃げ恥の星野源さんをデビューさせたきっかけを

作った人でもあるんですよ(ノ・ω・)ノ

 

細野さんがいなかったら、

恋ダンスが生まれてなかったのかも!?

と~っても仲良しの2人の

出会いのきっかけを探ってみましょう♪!

スポンサーリンク

細野晴臣の経歴

名前:細野 晴臣(ほその はるおみ)

生年月日:1947/7/9

出身:東京都港区

家族:妻、娘

 

1969年に

エイプリル・フールのベーシストとしてメジャーデビュー。

細野さんがメンバーだったグループ

エイプリル・フール
はっぴいえんど
ティン・パン・アレー
イエロー・マジック・オーケストラ
HIS
スケッチ・ショウ
ヒューマン・オーディオ・スポンジ

など数々のバンド、ユニットに携わる。

 

さすが半世紀ミュージシャンとして

活躍してるだけありますね(*’▽’)

 

一番馴染みの深いバンドは、

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)

ですよね(*’▽’)

 

今時の中高生って

長嶋茂雄さんのこと知っているの1割しかいないんですって

Σ(・ω・ノ)ノ!

長島三奈さんの方が知名度あるんだとか・・・

長島三奈の可愛い画像!結婚して旦那はいる?姉の現在は?

 

星野源さん経由で細野さんを知った人も、

これは絶対知ってる~(≧∇≦)

 

 

名曲すぎ!

この曲は、世界中の名だたるアーティストを魅了したんです。

テクノミュージックの元祖と称され、

打ち込みのビート、

シンセサイザーの無機質なメロディに象徴される

“テクノポップ”というジャンルの先駆けとなったYMO。

 

YMO全盛期に細野サンが徹子の部屋に出た時、

ポール・マッカートニーから

自宅でYMOのライブを演って欲しいとオファーしたとの逸話も!

 

音楽史に残る人物ってのが、

めっちゃ納得です!

色んな人を魅了しているんだな~って思うし、

たくんさんの人を

音楽に目覚めさせたきっかけを作ったんですね~!

 

星野源さんに与えた影響と、

2人が出会ったキッカケとなった出来事を

調べました~!

星野源との出会いと関係は?

星野源さんが細野さんの曲を聴いていたのは、

高校時代からなんですって。

高校の先輩に、

細野さんの「恋は桃色」

をすすめられて聞いたんだそう。

 

今でこそユーチューブで、

無料で聞けますが、

当時はCDを買わないと聞けないわけです。

 

高校生でお金がなかったんだけど、

「買ったら聞くから買いなさい、借りたら聞かないから買いなさい」

と先輩に言われ、

渋々買った細野さんの「恋は桃色」のCD

 

5,6回聞いているうちに、

のめり込んでいったんですよ。

 

勧めてくれた先輩も

とてつもないきっかけを与えてくれたんだなぁ~。

 

恋は桃色の当時の細野さん映像はこのPV↓

なぜだか、

桃色吐息を思い出してしまった私w

 

星野さんはこの曲によって、

自分の音楽の楽しみ方が広がったとおっしゃっていました。

 

そして2007年には、

雑誌『テレビブロス』9月1日号から、

「細野晴臣と星野源の地平線の相談」を連載開始!

 

手つなぎ(笑)

どんだけ仲が良いのでしょう~!

ちょっと最初この表紙に

びっくりしませんでした!?

 

それにしても、本当の親子のように思いません?

好き同志って

似てくるな~!(ノ・ω・)ノ

 

2010年には、細野さんのすすめもあり、

ソロデビューしたんですよ!

 

2人の共通点は、

お酒が飲めないこと

なので、

細野さんが星野さんをファミレスに連れて行くんだそう

(*’▽’)

ほのぼのな2人ε-(´∀`*)ホッ

仲良しショット、

厳選しました~(≧∇≦)

 

本物の親子のよう~!

細野さんに息子さんがいたら、

こんな感じだよね!

 

ってかもう、星野源さんがマジの息子さんだし(´艸`*)

細野晴臣の結婚した嫁や娘を調査!病気で激痩せした画像はある?

スポンサーリンク

名曲紹介

1975年に発売された

“トロピカル三部作”第1弾「トロピカル・ダンディー」に収録された曲。

「北京ダック」

横浜の中華街を描く歌詞で、

独特の世界観が楽しめます!

ファンは、この曲を中華街で聞くために、

中華街に行く意味がある!というんだそうな(*’▽’)

 

「終わりの季節」

『HOSONO HOUSE』(発売日1973年5月25日)の収録曲で、

素朴なんですよ~

矢野顕子さんによるカヴァーも秀逸で、

一緒に披露している共演バージョンも人気の

一曲です!

 

はっぴいえんど(HAPPY END)時代の名曲、

「風をあつめて」

貴重なライブ映像です!!

当時を知らない層は、

My Little Lover、Leyona、DEEN、

山口一郎(サカナクション)などがカバーしたことで、

知っている曲かも!

 

私は、DEENのカヴァーをよく聞いていました(≧∇≦)

 

星野さんに影響された人が

こんなにも多いし、

世代を飛び越えて、

すごいわ・・・・。

 

よく読まれています!

河相沙羅(河相我聞の息子)が逮捕って何?弟と離婚した母との関係は?

安室奈美恵引退でラストライブ日程はいつ?ツアーチケット予約方法はこれ!

モーリー・ロバートソンと池田有希子の関係は?カミングアウトって何?

ラスカル新井のオネエ疑惑と彼女を調査!職業は不動産屋?

まとめ

星野源さんは、細野晴臣さんの曲

「恋は桃色」を高校生の時に先輩に勧められ

初めて聞き、CDを買った。

そこから音楽にのめり込み、

2010年には、

細野さんのレーベルからソロデビュー!

 

星野さんにとって、細野さんが一番影響を与えた人物とされる。

そして関係もとても親密です!

それでは☆彡

スポンサーリンク