三杉里の妻や子供は?ごっつハンドの口コミと不運な借金をチェック!

こんにちは、バナやんです。

モヤモヤさまぁ~ず2「中野」で元力士の三杉里さんが出ていました!

三杉里さんは98年7月に引退した力士で、最高位は東小結でした。

ちなみに、三杉里公似(みずぎさと こうじ)さんで、現在55歳です!

 

かつては小結まで昇進して、「貴花田キラー」や「土俵際の魔術師」なんて呼ばれているほど、強かったですね。

では早速ですが三杉里さんのことについて、

見ていきましょう。



スポンサードリンク



なんと!三杉里さんは現在整体院を経営していて、実際に施術してもらえるんですよ!

ファンとしてはたまらないですね!

 

大きい体と優しそうな表情が、かつてはお相撲さんだったという面影に残っていますね。

 

三杉里のごっつハンド・中野の整体について

三杉里さんの整体院は、

2008年に東京都中野区オープンの

『ごっつハンド○中野部屋』です。

さすがお相撲さんらしい店名ですね!

 

場所は、

JR中央本線中野駅から徒歩3分

東京メトロ 東西線 中野駅南口より徒歩3分

【アクセス】

〒164-0001
東京都中野区中野2-28-3
1F ごっつハンド○中野部屋 11:00~23:00(不定休)
TEL:03-3384-8448

中野五差路の目の前です。

とてもよい立地で、客足の心配がいらない場所柄のようです。

 

メニューは基本コースとその他のコースとあり、『ごっつハンドの真髄ゆらぎコース』というのは、

60分13,000円

 

「コリの芯まで届く波動をご体感ください。
体力に自信のある方のみお受けできます。

 

とても凝っている人にめちゃくちゃ効きそうですね!

 

さて整体の口コミ評判はどうなんでしょう!

ごっつハンド○中野部屋の口コミ

広くて大きい掌でしっかり強く揉んでくれる

凝りすぎて他店では弱いと思う揉み具合が、三杉里さんでは強いだけでなく、的確にツボに入ってくるので、痛くなく気持ちい

有名人のお店なのに他店と同水準でリーズナブル

予約は取り辛い時もある

張った筋肉を緩めて、骨の位置を元に戻してくれた。

参考:http://www.ekiten.jp/shop_3063197/review/

 

相撲マニアの方は行っておきたいですね。

 

ごっつハンドに通う有名人

ごっつハンドには有名人も通っているそうで、

例えば三遊亭歌武蔵(噺家)さんや高見山さん(元東関親方)も通っているそうです。

公式HPのお客様の声より、

芝 しってる、風間深志(冒険家)、錣山親方(元関脇寺尾)、

林 盈六、マーサ三宅、西澤ヨシノリ(ボクシング)

、志茂田景樹(作家)、三谷啓子etc

 

三杉里さんの大きな手と繊細な中国伝統の推拿の技術に

三杉里さん自身が考案した独自の施術法がリピートを生むのでしょう!

 

出典:ごっつハンド:お客様の声より

三杉里の奥さんと子供は?

三杉里さんは1990年にご結婚されました。

お子さんは1男1女だそうです。



スポンサードリンク


奥様との写真がありました。年相応のお綺麗な方ですね!

奥さまとの2ショットはこちら

奥様もごっつハンドを手伝っているのでしょうか、職業まではわかりませんでしたが、

三杉里さんを陰で支えるタイプの女性に見えました。

三杉里のちゃんこ鍋屋はどこ?

お相撲さんって、現役を引退するとだいたいちゃんこ屋さんを開店しますよね!

実は三杉里さんもちゃんこ屋さんを経営しています。

 

 

場所は中野かと思いきや、滋賀県草津市にあります。

 

店名 ちゃんこ茶屋 三杉里
住所 〒525-0071  滋賀県草津市南笠東1-5-24

出典;ぐるナビ

ところで先ほど紹介した、ごっつハンド〇中野部屋のアクセスを見ていたら、googleマップに重なって、「ゆきだるま中野部屋」というお店がありました。

【部屋】と付くので、もしかして三杉里さんジンギスカン屋さんも

経営しているのかな~と調べてみました!

 

どうやら三杉里さんではなく、元関取の「若孜」さんがオーナーでした。

口コミが100件を超えて、人気店のようです。

ゆきだるま中野部屋食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13025611/

 

さて、話題は三杉里さんに戻り、

 将来独立して相撲部屋を興すつもりが・・・

1979年1月に16歳で初土俵。

その後1980年11月場所より「三杉里」に改名します。

1989年1月場所で西小結へ昇進。当時貴花田が初優勝するまで5連勝していたので、「貴花田キラー」と呼ばれていたんですね。

1998年7月場所で

12日目に通算700勝を達成した後
13日目に引退発表。

 

引退後に、自身の相撲部屋を持つため、億単位の資金を集めていたのだという。

2000年、間垣部屋の親方となった三杉里には新たな夢に向かって歩んでいたが・・・

しかしそこで信じられない事態が起こった。

 

相撲部屋の新規定が設けられた・・・

 

新たに相撲部屋を創設出来るのは、

■横綱または大関に在位

■三役通算25場所以上

■幕内通算60場所以上

 

このいずれかをクリアしなければ、自分の部屋は持てません。

三杉里の幕内在位は53場所

 

つまり、三杉里には自分の部屋は持てないということ

 

結果として、三杉里には数千万円の借金が残ったというのです。

 

その後一か月考えた後、

44歳で専門学校に入学し、2年間学習の後中国伝統医学を学ぶために中国へも留学したそうです。

 

2008年10月には現在の中野にごっつハンドをオープンさせる運びとなったそうです。

 

不運にも多額の借金を抱えてしまった、三杉里さん。

 

不運の中にも転機というものは舞い降りてくるのですね。

彼の運の強さもあったと思います。

 

ちょうどそこに知人が理事長を務める専門学校があった、

そのチャンスをうまく掴んだのですね!

 

ますますお店が繁盛しますように。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です