庭の蚊がいなくなる対策まとめ!駆除方法や蚊除け対策・退治スプレー

スポンサードリンク


こんにちは!

今日は『蚊 いなくなる!』についてのお話です。

もう、名前を聞いただけで体のどこかが痒くなってきそうな・・・。

地球の温度が年々上がってきたため

『蚊』にとっては生きづらくなってきたというニュースを見ました!

 

ヨッシャ!と思ったとたん、耳元でプ~ン

いるやん!?!?!?汗

もう、蚊が家のどこにいるかわからない状態だと
なんだか気になって、気になって・・・

普通の生活もままならなくなってしまいますよね。

え?そうでもないですか?私はそうなんですよ泣

そんな私にうってつけのテーマかもしれません!

 

今日は

庭の蚊をいなくする

蚊を発生させない対策、業者や電撃殺虫器を使う方法、

スプレーで蚊を撃退する方法の

3つの対策を例に見ていきましょう!

 

 



スポンサードリンク



①蚊を発生させない対策(庭・屋外)

ホームセンターなんかに行くと

色々な対策グッズが売っていますよね。

あとは業者さんに来てもらって徹底的に駆除してもらったり。
でも、なかなか高い!!

そもそも蚊を”発生させる”のを事前に防止したいですよね。

成虫にさせないために!
幼虫にさせないために!

いやいや!卵を産ませないために!究極コレですよね。

今日はこのようなことについて
熱く語って行きたいと思います!!

蚊は水のある所に卵を産むって聞いたことありませんか?

『じゃあ、水をなくせばいいんじゃない!!』

と、思えなかった私。その理由は・・・

『絶対、水ってなくならないでしょ!?』

自分の庭を見てみても、絶対どこかに水あります!

雨が降ったら水は出来るし・・・

湿度が高い日は、ジメジメするし・・・

日陰になる所は、なんだか若干湿っているし・・・

 

もうダメだ・・・と、思わないでください!
ダメだと思っていた私が言うのもなんですが・・・笑

ただ、ひとつの結論を発表させて下さい。

 

卵を徹底的に産ませない方法はありません。

 

なぜなら、どこかに必ず水があるからです。

自分の家のお庭だけならなんとかできるかもですが

お家の前に側溝があったりすると、そこが発生源(><)

ただ、少なくとも自分の周りだけでいいです!

まずは!!

気がつくところだけでもいいので、”水たまり”をなくして下さい。

 

私が危惧していた”若干ジメッとするところ”には
蚊は卵を産まないようです。

水が”溜まっている”場所に産むようです。

”溜まっている”これキーワード☆

 

植木鉢の下であったり、捨てられている空き缶であったり

ちょっとでも”溜まって”いれば、

産卵場所になってしまうんですね。

 

では、いつの時点で阻止する事ができるのか・・・どこでしょう?

卵→幼虫(ボウフラ)→さなぎ→成虫

正解は『幼虫(ボウフラ)→さなぎ』の期間です。

もしかしたら『卵→幼虫』でも対策は出来るかもですが
・・・卵、小さくて見えない笑

そして蚊の寿命は、

30~40日ほど生きると言われています。

ですので、その次の段階で対策していきましょう!

さて、用意するもの
●バケツ

●水

●10円玉 or 銅線など

 

え!?水場ダメでしょ!!という言葉は
一旦、しまっておいて下さい

逆転の発想です!

ここで産ませて、

幼虫の時に「銅」で退治します。

家の周りから対策

側溝など自分の家の周りだけど、

自分の土地ではない^^;

側溝の蓋なんて開けれない><

という場合の対策です!

 

幼虫を退治するのは少し気がひけますが・・・。
快適な夏を過ごすため!

刺されて病気になってしまう場合もあるため!
心を鬼にして。

幼虫の期間は1週間~10日ですので
この間にしっかり退治しましょう。

 

蚊は1箇所に卵や幼虫がいると

他の蚊も同じ場所に産む傾向がありますので

1箇所人工的な水場を作っておくと良いです。

【手順】

①バケツに水を張る

②草や木が茂っている場所に置く

③蚊の卵が幼虫(ボウフラ)になったら、10円玉や銅線をバケツに入れる

③の『銅』ですが、銅イオンがボウフラを死滅させるので、

全滅します((((;゚Д゚))))ガクガク

水100mlに対し、10gの銅が適量

 

銅の他にも、有名な殺虫剤や錠剤があります!

1箇所で一気に対策☆

是非、やってみて下さい^^

業者や業務用の蚊退治・駆除方法

成虫になってしまった

大量の蚊を駆除するのは大変ですよね(´・ω・`)

 

1匹ずつ飛び回っているを捕獲するのは気が遠くなります。

こうなってしまった場合、頼りたくなるのは

”業者 or 業務用対策グッズ”です。

 

まずは業者に頼むと・・・のお話からしていきましょうか。
・どんなことをするの?
・いくらぐらいかかるの?

この2つの疑問にお答えしていきましょう!

業者にお願いをすると、もちろん蚊の駆除に関して
知識をもった方がいらっしゃいます。

ここからは全ての業者が同じ事をするということでもありませんので
一例として見ていただければと思います。

成虫に関しては、殺虫剤の散布や、捕虫器の設定などがあります。

殺虫剤はホームセンターで購入する事も出来ますが
いざ散布するとなった時に、ペットを飼っていらっしゃる方は
気になりますよねぇ。

あと、どれぐらい散布すればいいのかなど細かいことまでは
分かりません。そこで専門家の登場です^^

ペットへの影響も考慮した薬剤や、散布方法
庭への散布の場合には、

蚊の発生しそうな場所を徹底的に。

なんとなく殺虫剤買って、なんとなく散布する我々とは
全然違いますね。

その他にも、幼虫が良そうな場所にも殺虫剤対策をしてくれたりします。

家の周辺にある側溝など、自分では対策が難しい

(側溝の蓋、自分で開けるのは大変^^;)
そんなところまで抜かりなく駆除してくれます!!

 

業者に頼む費用ですが、

ほとんどが『見積もり』になってしまい、

庭の広さで変わります。

戸建の平均的な庭の広さなら、

2~5万円ほどです。

 

ただ例外があり、雑草が多すぎる(やぶ蚊がたくさんいる)

場合や、

水が溜まる場所がたくさんある ↓

こんな感じに^^;

これらを撤去しない限り、雨が降ったらいたちごっこなので、

撤去費用がプラス料金になります。

 

結局は業者さんに直接見積もりに来てもらうのが正確です!

ただ、業者にやってもらうと凄く安心感ありますよね。
アフターケアもしっかりしてくれるところもあるみたいです。
その後いかがですか?

気になることはございますか?など

そこまでしてくれるのであれば、

お値段は張りますが頼みたいかも!!^^



スポンサードリンク


あとは、先ほど少しお話をしました業務用”捕虫器”です。

 

捕虫器にも色々な種類があり、

光で蚊をおびき寄せ粘着テープで捕虫するもの

おびき寄せた蚊を吸引してしまうもの、

電撃で駆除してしまうものなどがあります。

 

コンビニの軒先で青いランプに虫がぶつかっては落ちる光景を
見た事はありませんか?

あれです。結構”バチッ”と音がして、驚いて振り返った記憶があります。

最近では家庭用の『電撃殺虫器』もありますね!

私が試したところ、

蚊に効果ないんかいw

というのもありますよ。ハエや黄金虫は横たわっていたけど・・・

 

私が使って『蚊』が殺虫された電撃殺虫器はこちら

蚊取り線香に匂いが苦手な方におすすめ!

充電式で、さらに『防水』

うっかり庭に置きっぱなしでもOKですし、

充電は3日程持ちました(*’▽’)

蚊を寄せ付けないスプレーで対策

さて、最後は先ほどまでのお話の中に
チラッと出ていた対策グッズです!

色々ありますよねぇ。
例にある(1)~(3)を見ていきましょう。

(1)体にスプレータイプ

これは、なかなか効きます。肌表面に蚊の嫌な臭いを付けますので
肌表面に蚊が来ないという事ですから、安心ですね。

ホームセンターにもぶっちぎりの数と種類が置いてあると思います。

私のおすすめは、フマキラーのスキンベープよりも、

倍お値段がする、『天使のスキンベープ』

乳幼児からも使えるし、

従来のスキンベープよりも

『イカリジン』が3倍

 

色んなメーカーを選ぶ時、

『イカリジン』の含有量で比較すると良いですよ(*’▽’)

 

子供は色々なところを走り回るから、

その空間だけ蚊をシャットアウトするような
グッズは効果をなさないんですね。

あと、子供の頃にも思っていました。
くさーい!!!!!結構な刺激臭!笑

大人の女性になった今は、お肌に付けるのをさらに躊躇います。

今は匂いの少ないものもあるそうです^^

よくCMで見る、

アース製薬のサラテクトとかは無香料がありますよ!

最後、もうひとつデメリット。

効果の持続時間が少~し短めなところ。
日焼け止めみたいに、何時間かに吹きかけ直すことがベストのようです。
まぁ、何にも善し悪しはありますよね^^

さてさて、次行きましょう!

(2)空間から蚊をシャットアウト

これは私持っています!

窓を開ける前に、網戸にして、吹きかけた後に開けたり
寝る前にシュッとして寝たりしています。

寝ている時に耳元で飛ぶなんて、考えられませんから泣

これは先ほどのものとは違って、持続時間は長めです。
1日1回シュッっていう言葉からも、粒子が結構広がりますので

コスパもいいですね^^

ワンプッシュで蚊の対策が出来る手軽さから
私はずーっと使い続けています笑
ちなみに使っているものはKINCHOの『蚊がいなくなるスプレー』

(3)やぶ蚊を直接スプレーするタイプ

これは、蚊を見つけてからの手段ですね。
目の前で、撃退を確認できることは良い事だと思います!!
「よしっ!撃退!!」って感じ笑

ただ、私個人の意見を述べさせていただいても良いでしょうか。

冒頭にも述べましたように・・・・・・
蚊がどこにいるか分からない恐怖が嫌なんです(><)

寝室で聞こえたら、撃退するまで眠れません笑
ですので、ここの空間にはいないぞ!という

空間を求めるばかりワンプッシュをしてしまう次第でございます・・・。
人それぞれ、好みはありますよね。

でも、見つけたところで撃退できなかったら眠れませんよね・・・。

あ~、このスプレーも欲しくなってきました!!!
アース製薬のアースジェット!?
・・・持ってました。ゴキブリだけだと思っていましたが

蚊にも効くんですね。
もう、これで鬼に金棒の私。

いかがでしたか?

対策から、既に発生済の対策まで。

 

ただただ、『庭から蚊をいなくする』には、

『まずは発生させない為に、

全ての水が溜まる場所を撤去しましょう!』

 

この夏は完全防備で乗り越えられそうです!
皆さまもご武運を!!笑

よく読まれています!

まとめ

①蚊を発生させない対策(庭・屋外)

└水が溜まる場所を全て撤去、

それでも蚊が発生する場合、

その後バケツに水を貼り、蚊に卵を産ませ、幼虫(ボウフラ)のうちに銅で駆除。

 

②業者に頼む

└消毒、撤去、殺虫器設置

費用は見積もり次第、戸建の普通の庭なら3~5万円

 

③蚊除けスプレー

└体に吹きかけるタイプ、やぶに吹きかけるタイプ、空間にスプレーするタイプ

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です