野中駿哉君の出身中学をwikiプロフィールでチェック!身長・体重やお父さんについても

スポンサードリンク


こんにちは!ばなやんです。

毎日甲子園が熱いですね。

実は私将来のドラフト候補になるのでは!?という

スーパー中学生を見つけました!

その名は、

野中駿哉くん



スポンサードリンク



野中駿哉・wiki風プロフィール

出典:http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/12/26/kiji/K20151226011750100.html

名前:野中駿哉(のなか しゅんや)

生年月日:2003年生まれ

小学校:新里東小学校(群馬県)

球歴:新里ジュニア(小学生)中学:高崎中央ボーイズ(中学生)

埼玉西武ライオンズジュニア2015年

利き腕:右投げ、右打ち

目指している選手:大谷翔平選手

将来の夢:メジャーリーガー

尊敬する選手:渡辺久信(元西武のエース)

 

群馬県桐生市に産まれた野中くん、

小学校の頃から野球を始め、

新里ジュニアでプレイしていました。

 

小6の時の身長は167cm

体重65kg

 

西武ジュニアに選抜された時は、

7本塁打を記録、また投げても122キロを記録!

 

 

小学生で122キロとは(´∀`;A

 

西武ジュニアに選抜されるっということは、

埼玉県(下手すると関東全域から)各チームで一番上手な子供達が

セレクションに集まってくるわけですから、

相当レベル高いということです!

 

では彼が新記録を出し、

数十年に1度の逸材と言われた遠投の記録を見ていきましょう!

男子ソフトボール投げ・遠投の記録

野中くんは、

第44回県小学校陸上教室記録会の

男子ソフトボール投げで

91メートル55

大会新記録で優勝しました!



スポンサードリンク


これはとんでもない記録!

通常、小学6年男子の県大会の優勝レベルは75メートルなんです。

85メートル級でも20~30年に1度の逸材^^;

 

90メートル越えは初めてだそう。

 

ちなみに、野中くんの地域の桐生予選では、

男子ソフトボール投げで82メートル51だったのですが、

この記録34年ぶりに野中くんによって更新されました。

 

さらに驚くことに、

お父さんの 克哉さんもかつて79年に同種目で桐生市記録を保持。

その記録はわずか2年後に破られ、

今年まで34年間保持されていた。

それを息子・駿哉君が更新!

 

因縁の相手の記録を息子が破ってくれたんですね。

それにしても、お父さんも強肩の持ち主です。

今は桐生市役所の野球部に所属しているそう。

一家そろって野球が好き!

 

ちなみに

田中将大選手の小学校の時の

ソフトボール投げ記録は

67m

 

ダルビッシュ有選手は、

75m

 

野中くん、すごすぎ^^;

 

西武ジュニアでの評価

西武ジュニアの選抜されると

練習試合19試合で7本塁打を記録、

投げても122キロを記録!

 

NPB12球団ジュニアトーナメントの一幕

マウンドでは最速128キロの快速球を披露し、

スタンドを沸かせました。

 

大会で一発は見られませんでしたが、

今後がすっごく楽しみな選手ですね!

 

高校はどこに進学するんだろう~と思います。

お父さまも野球に熱心な方ですから、

横浜高校、早稲田実業、東海大相模、

今回の二松学舎もあり得るし。

 

また進路情報がわかったら、追記します♪

 

今日は第三試合の青森山田が楽しみです(*’▽’)

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です