陸上

山口浩勢(愛三工業)の結婚や出身高校・大学を調査!経歴や自己ベスト!

スポンサーリンク

城西大学時代に、

スピードランナーと呼ばれた

山口浩勢選手が話題です!

 

山口浩勢選手の出身高校や現在の所属

結婚情報やこれまでの大会成績をまとめました(*^^*)

 

左薬指に指輪が・・・

の真相は、後半で!

スポンサーリンク

山口浩勢のプロフィール

・生年月日:1991年8月19日

・出身地:愛知県知多市

・出身校:城西大学

・所属:愛三工業陸上競技部

 

山口選手の中学は不明ですが、

高校は地元の

愛知県立惟信高等学校

愛知の公立の男女共学の高校で、

OBにはタレントの

森下千里さんがいらっしゃいます!

 

高校3年間、朝練の為

毎日始発電車で通い、皆勤賞を取っていたんです!

真面目な性格がわかりますね!

19歳の頃には、

世界ジュニア陸上選手権(2010年)

5位と上位の成績をおさめています。

 

その後箱根駅伝常連校の

城西大学に進学しています!

大学卒業後は、

トヨタの関連会社で、

自動車部品の製造・販売の会社の

愛三工業株式会社の陸上部に入社しています(*^^*)

 

地元に帰ったという感じ。

トヨタ系列なら、潤沢な資金で、

何かと練習に打ち込めるような^^

私の思い込みですが、おそらくそうでしょう~!

 

山口選手の記録も見てみましょう!

山口浩勢の大会成績

長距離を専門としており、

大学時代からは箱根駅伝にも出場されており、数々の上位の成績をおさめています。

2011~2012年の箱根駅伝では、

連続で区間4位の成績をおさめています。

 

2016年では、

3000mscで第100回日本陸上選手権3位。

 

2017年都道府県対抗男子駅伝で

2位と上位の成績をおさめています。

2位でも、素晴らしい功績ではありますが、

彼の中では1位の功績を残したかったのではないでしょうか。

 

いい成績をとっても、常に上を目指そうとしている姿勢が、

成長への近道になっているのかもしれませんね。

 

大学時代からの駅伝でもたくさんの好成績をおさめ、

最近では、

2018年のクロスカントリー日本選手権シニア10kmで2位の功績をおさめています。

 

自己ベスト

・3000msc:8分36秒30

・5000m:13分53秒37

・10000m:28分34秒19

・ハーフマラソン:1時間03分29秒

様々な好成績を残している山口選手。
オリンピック出場も期待したいですね。

この事についてご本人は、

順位をあげることへの喜びを語る一方で、

入賞ラインまでは程遠いと、

自分の可能性はまだまだこんなもんじゃないと言った向上心を持っています。

自分の限界は自分で決めるもの。
まだまだ伸びると思います。

スポンサーリンク

山口浩勢は結婚してる?

結婚に関しては、ご本人から公表はないようです。

 

が、しかし!

城西大学(2012年)

箱根駅伝の時は、

右手に指輪をしていました(≧∇≦)

 

結婚指輪の場合は左指なので、

結婚ではないと思います。

では、彼女でしょうか?

 

彼女とおそろいの指輪なのか、

自分が好きで着けているファッションなのか、どちらかなのでしょうか。

 

しかし、

2018年6月28のインスタを見ると、

右手ではなく、左手の薬指に指輪をされていました。

年齢的にも、

結婚していてもおかしくはない年齢です(*^^*)

本人の口から今は公開されていませんが、時が来れば報告がるのかもしれませんね。

よく読まれています!

[kanren postid=”4651″]

[kanren postid=”4599″]

まとめ

山口浩勢選手の2018年の写真には、

左薬指に指輪をしているので、

最近ご結婚されたようです!

 

出身高校は、

愛知県立惟信高等学校

出身大学は、

城西大学

 

自己ベストは、

・3000msc:8分36秒30

・5000m:13分53秒37

・10000m:28分34秒19

・ハーフマラソン:1時間03分29秒

 

スポンサーリンク